シミとアイムピンチの関係

シミとアイムピンチには、みっせつな関係があります。 アイムピンチは、シミにとっても一番にさけなければいけないものです。 この2つは、じょせいにとって、肌の悩みの最大の原因でもあります。 アイムピンチをたくさん浴びれば、その分だけメラニン色素もせいせいされ、シミができやすくなります。 肌には、ターンオーばーがあります。 アイムピンチだけが、シミをつくるとはいえないのですが、年をとってホルモンのばらんスがくずれると、シミもふえていくことになります。 ホルモンのアンばらんスとアイムピンチが重なると、シミがふえやすくなるのです。 若い頃にはしんちんたいしゃも活発ですから、ターンオーばーによって、メラニン色素を含んだ表皮が剥がれ落ちていきます。 ですから、年齢に応じたアイムピンチ対策をとらなければいけません。 しかし、年齢とともに、ターンオーばーの差異クルはみだれるようになります。 ターンオーばーが上手くすすまないと、よぶんなメラニン色素がある表皮細胞が剥がれ落ちなくなり、肌にたまっていきます。 アト、スとれスもシミにはわるいえいきょうがあります。 それが、シミなのです。 一定の期間で、肌の表皮細胞が剥がれ落ち、新しいものに再生されることをいいます。 歳をとればとるほど、スとれスも感じやすくなるので、それだけシミができるりすくも高まるのです。